横浜市立大学医学部医学科同窓会倶進会は、昭和31年11月、初代会長に荒井保男先生(昭和24年卒)が就任して発足致しました。
会員は、横浜市立大学医学専門学校の第1回生(昭和24年卒業)から現在に至るまでの卒業生、大学院医学研究科修了者、及び本学医学部医学科・附属病院・附属市民総合医療センターで研究・診療・教育に従事した、或いは従事していて、入会を希望された方により構成されています。
現在の会員数は、5,663名(平成26年3月)です。



横浜医学の源流と横浜市立大学医学部の歴史

横浜を中心とした米英医学(開港〜明治20年頃)
安政6年(1859)開港当時の横浜村は、戸数100程の寒村であった。開港直後に米国人宣教師・医師ヘボンが来日、医療活動を始める。開港に伴う伝染病(天然痘、性病、コレラ)対策で横浜在住の英米人医師シモンズ、ニュートンらが活躍、明治初期にアメリカ医学の中心となる。
慶応4年(1868)4月、戊辰戦争官軍兵士の負傷者を治療するため、野毛山修文館に横浜軍陣病院が設立された。日本初の公立外科病院で、英国公使館副領事・医師のW.ウィリスが治療にあたった。僅か1年程で江戸に移転(後に東大医学部へ進展)したため、市民から新病院を求める声が高まった。

      
 明治4年(1871)4月
早矢仕有的が横浜仮病院開院
9月焼失
 
   
   明治5年(1872)
大江 卓が横浜中病院を設立
 
      
 明治6年(1873)
横浜共立病院と改称、野毛山修文館跡に移転
シモンズは実質上の院長であった。
   
   
      
   
 明治7年(1874)
県立十全医院と改称
東洋一の設備となり、本格的病院として発足。
種痘業務、コレラ対策で中心的役割を担った。
 
   
  明治22年(1889)
初代院長として正式に広瀬佐太郎就任
ドイツ医学に改める。 
 
     
   明治24年(1891)
県から市に移管、横浜市十全医院と改称
   
   大正12年(1923)
関東大震災にて全壊焼失
 
     
   大正13年(1924)
南吉田町(現南区浦舟町)に移転、再興
   
   昭和19年(1944)
横浜市立医学専門学校」開校
初代校長 及能謙一
横浜市立医学専門学校付属十全病院
となる。
     
   昭和24年(1949)
横浜医科大学
初代学長 高木逸磨
横浜医科大学病院と改称
 
     
   昭和27年(1952)
横浜市立大学医学部
初代学部長 高木逸磨
昭和29年(1954)
横浜市立大学医学部病院と改称
  
   


     
   昭和62年(1987)
医学部が金沢区福浦に移転
 
   
 平成3年(1991)
金沢区福浦に「医学部附属病院」開院
浦舟の附属病院は「医学部附属浦舟病院」と改称
   
   平成12年(2000)
医学部附属市民総合医療センター開院
(元医学部附属浦舟病院)
  
   
   平成17年(2005)
公立大学法人横浜市立大学となり、
医学部医学科・看護学科の2学科になった。